新gTLDとは

新gTLD(New generic Top Level Domain)


従来の22個のgTLD(一般トップレベルドメイン)と約250個のccTLDに加えて新たに募集・審査され承認されたgTLDのことを「新gTLD」と呼びます。

2008年6月、ICANN理事会がTLD自由化を承認し、レジストリ事業を開始する企業/団体からの新gTLDの申請受付が2012年1月から5月末にかけて実施され、受付期間には約1,930件のドメインが申請されました。新gTLDはインターネット空間の多様性と競争を促すために実施された新たなgTLDです。

新gTLDカテゴリ


新gTLDは大きく、(1)一般名称TLD、(2)地域名TLD、(3)ブランドTLDの3つのカテゴリに分けることができます。

(1)一般名称TLD 一般名称による新gTLDを指します。
例)「.cafe」「.top」「.mail」など
(2)地域名TLD 地域名称を表す新gTLDを指します。
例)「.tokyo」「.osaka」「.berlin」など
(3)ブランドTLD 一般名称とは異なり、特定の企業が自社名または所有するブランド名にて申請をしたTLDを指します。
例)「.google」「.microsoft」「.chanel」など

 

新gTLDサポート体制


新gTLD申請サポート

概要:新gTLD申請にあたり必要なすべての手続きをサポートさせていただきます。

[/su_table]
アジアでNo.1(ナンバーワン)のサポート実績
当社は新gTLDプログラム(特にブランドTLD領域)についてのリーディングカンパニーであり、ファーストラウンド申請サポートにおいて、アジアでNo.1(ナンバーワン)のサポート実績を上げました。

現在は各社のブランドTLDの活用に積極的に関わっており、申請から運用まで トータルにブランドTLD活用のご相談をいただけます。国内外の新gTLDの活用状況、セカンドラウンドにご興味のある方は是非連絡ください。

新gTLDマンスリーレポート

●新gTLDの登録状況、委任状況や各種統計
●新規登録サイトの利用紹介
●業界/企業にフォーカスした分析
●その他ドメイントピック
新gTLDレジストリ、セカンドラウンド申請準備企業、ドメインのトレンドを知っておきたい企業様などが読者としてご利用いただいています。

ドメイン診断コンサルティング

概要:企業のドメイン管理を様々な視点から検証し、課題の洗い出しをします。
約1,700社のドメイン管理を行う弊社が、ドメイン管理状況の検証をします。
ヒアリングシート、面談を通じて、主に6つの視点から考察を致します。

ドメインガイドライン作成支援

概要:ドメイン管理にあたり、考え方、行動指針を具体的に定めることを支援します。
弊社では、課題抽出から具体的なガイドラインの作成を支援しつつ、導入にあたりメンバー教育も支援することも可能です。

トータルサポート

新gTLDは申請だけでなく、実際に活用をするフェーズのサポートが重要です。GMOグループでは、申請サポートだけでなく、活用にあたっての様々な支援をご提供できます。