メルマガ vol.19【BRAND TODAY】人気記事/Brand Monitoring Serviceサービス・TMマトリクス作成サービスのご紹介

平素よりBRAND TODAYをご覧いただきありがとうございます。
本年も早いもので1か月が経ちました。

前回宣言をしました通り、BRANDTODAY編集部は、今年は色々なチャレンジをしていきます。 第一弾として、知財関係者のキャリアにフォーカスを当てたセミナーの潜入取材を今月は致します。

∞×知財:https://media.brightsconsulting.com/pick-up/mugen1/

どんなセミナーであったかはまたBRANDTODAYでお伝えをしますので是非、楽しみにしてください。 それでは、1月の記事の振り返りをしていきたいと思います。

人気記事のご紹介

2019年1月1日~1月31日までのアクセスログより、BRAND TODAYの人気記事ランキングをご紹介いたします!

1 2019年1月から施行される「中国電子商取引法」により、何が変わる? 電子商取引法は今年1月に施行され、今後中国のECサイトに大きな影響を与える法律です。今後の動きに目が離せない情報です!
2 発表!2018年12月度人気記事ランキングTOP10 気になる1位は? 先月のランキング記事が上位にランクイン!是非、今月のランクイン結果と比較してお楽しみください。
3 <著者:友利 昴先生> 「オリンピックVS便乗商法」から学ぶ、自身で考え判断できるバランス感覚を(前編) 普段は企業の知財担当者としての顔を持ち、著者でもおられる友利 昴先生にインタビュー!2020年東京オリンピックの見方が更に面白くなること間違いなしです。

4位~10位の結果はこちら:発表!2019年1月度人気記事ランキングTOP10 気になる1位は?


サービスのご紹介

1) BMS(Brand Monitoring Service)提供始まる

過去より中国をはじめとした幾つかの国でECサイトへの模倣品対策を提供してまいりましたが、お客様のご要望を受け、全世界のECサイト監視ができるサービスを提供することになりました。

[特徴]
  • 約1,000サイトを監視
  • AIと人の目を駆使し、データ評価
  • インターフェース上からリンク削除等のエンフォースメント

本サービスについて、ご興味がございましたら、お問い合わせをいただけましたら幸いです。

2) TMマトリクス作成サービス開始

最近弊社でお手伝いの多いブランドの補強出願。
この対応をする際に弊社ではよくTMマトリクスを作成します。
単純に取得状況を〇×で示すのではなく、出願年や登録年をプロットしたり、統計情報を挿入して出願優先度を検討したりしています。

手作業では一苦労の作業ですが、弊社であればそれを喜んでお引き受けします。
浮いた時間は、本来業務である出願戦略検討にお使いいただけます。

ご興味がございましたら、サービス資料をお送りいたしますので、お問い合わせください。


編集後記

今年から来年にかけて、ラグビーワールドカップ、オリンピックと国際的なイベントが続きます。そんなイベントに影を潜めてはいますが、知財ドメイン業界においても国際的なイベントが日本で開催されます。

そのイベントとは、ICANN64神戸です。

世界のドメイン関係者(INTAなどの知財関係者も参加)が集まり、ドメインに関わるルールについて、1週間の熱い議論を重ねます。日本では実に20年ぶりの開催になる今回ですが、GMOグループがトップスポンサーとなりICANN64を盛り上げます。どなたでも参加が可能ですので、是非会場にいらしてください。弊社は、新しいドメインの活用(主に、ブランドTLD)に関するレビューと今後の展望をお話しします。

開催日時:2019/3/11 13時~

編集長自ら登壇しますので、是非会場でお会いしましょう!
なお、セミナーにご参加いただく場合には、事前に登録が必要ですので、お問い合わせをいただけますと幸いです。


お問い合わせはこちら

TEL:03-5784-1069
E-mail:consul@brights.jp
URL:https://media.brightsconsulting.com/contact/

※メールの配信停止および配信先変更をご希望の方は、お手数ではございますが 本メールに返信いただき、ご連絡頂きますようお願いいたします。

配信元:GMOブライツコンサルティング株式会社

本文の著作権はGMOブライツコンサルティング株式会社に帰属します。
本文内容の無断での転載、再配信、掲示板への掲載等はお断りいたします。
ご提供する情報をできる限り正確にするよう努力しておりますが、正確性の確認・採否は受信者様の責任と判断で行ってください。
本文を通じて皆様に提供した情報により、不利益を被る事態が生じたとしても当社はその責任を負いませんのでご了承ください。

関連記事: