SEO効果の期待もされる、「日本語(IDN).tw」リリース開始!

2018年7月17日14:30~(台北時間、GMT+8)より、TWNICが「日本語(IDN).tw」の登録を開始しました。TWNICは、現在台湾においてドメイン名登録およびIPアドレスの割り当てを統括している非営利団体です。

「日本語(IDN).tw」は、例えば「 おはよう .tw」のように、”日本語(IDN)”の部分に「ひらがな」「カタカナ」「漢字」の組み合わせが可能です。詳細は下記ご欄ください。

文字使用規定
1. 使用できる文字(Byte)は.tw日本語IDN文字表範囲内の文字(https://www.iana.org/domains/idn-tables),で、且つ最低2つの連続した日本語IDN文字(ひらがな、カタカナ、漢字)を組み合わせ、大文字・小文字の26文字のアルファベット、0~9の数字、接続記号 (-)を含む計63文字を含めることができます。
2. 接続記号(-)は文字の始めと終わりに置くことはできず、また3、4番目の文字に同時に出現してはなりません。
3. 文字の長さ規定:punycodeによりコーディング後、63文字を超えてはなりません。
取得要件
特になし

出典:http://日本語.tw/jp/index.html

日本語(IDN)の取得メリットとは

日本語(IDN)ドメインは集客に強いと言われています。

特にSEO効果の期待については大きなメリットではないでしょうか。ドメイン名はなるべく検索されるキーワードと一致したほうが良いとされているため、日本語ドメインは非常に効果的になるのです。

数字で見る日本と台湾の関係性

2017年の調査結果によると台湾人の好きな旅行先として、TOP3は日本、中国(香港)と韓国。日本政府観光局(JNTO)の統計結果によると、訪日外国人数は中国に次いで第二位の台湾。その人数は456.4万人に上り台湾の人口の17%以上、約5人に1人が日本を訪れていることになります。

また、台湾では日本語を勉強している人が多く、JLPTという「日本語能力試験」の申込者数で見ると台湾は世界第二位(一位は中国)です。また、台湾の大学159校中の47校(約30%)が日本語学科を設置しています。台湾では日本語塾が多く、日本語は第二外国語として人気であり、親しみのある言語のひとつなのです。

訪日外国人数(2017年度) 日本語能力試験申込者数(2017年度) 日系企業(拠点)数(2018年度) 在留邦人数(2018年度)
456.4万人(2位) 184,641(2位) 1,179(12位) 21,054(13位)

 

この機会に、印象的で記憶に残る「日本語(IDN).tw」の登録をご検討してみてはいかがでしょうか。ご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

〈ライタープロフィール〉
中山 礼美(なかやま れいみ)

GMOブライツコンサルティング株式会社
IPソリューション部/メディア担当
consul@brights.jp

2011年に入社後営業サポート業務に携わり、2017年5月よりメディア担当者として、商標やドメインネームの業務を学びながら記事を発信。様々な業界のトレンドを意識した記事作りの難しさに奮闘中。趣味は食べるコト、プチプラでお得感の高いものを探すこと。