「今治」の異議申し立て事例から見る、知財担当者が知っておくべき中国商標の知識POINT3とは?

5月22日、中国の企業が、タオル製品を含む区分を指定し、愛媛県今治市を連想させる「今治」という名称の商標登録申 … 続きを読む 「今治」の異議申し立て事例から見る、知財担当者が知っておくべき中国商標の知識POINT3とは?