新gTLD申請

 

新gTLD申請状況

 

申請根拠別分析

 
newgtld-registration

 

地域別分析

 
domain-world-map

 

ブランドランキング

 

50社の中、30社(60%)が申請
1 coca-cola 18 Oracle 35 Nescafe
2 Apple 19 Nokia 36 eBay
3 IBM 20 Amazon 37 ZARA
4 Google 21 Honda 38 Gucci
5 Microsoft 22 Pepsi 39 Volkswagen
6 GE 23 H&M 40 Sony
7 Mcdonald’s 24 American Express 41 Philips
8 Intel 25 SAP 42 Loreal
9 Samsung 26 Nike 43 Accenture
10 TOYOTA 27 UPS 44 Tomson Reuters
11 Mercedes-Benz 28 IKEA 45 Ford
12 BMW 29 Kellog’s 46 Heinz
13 Disney 30 Canon 47 Colgate
14 Cisco 31 Budwiser 48 Goldman Sachs
15 HP 32 J.P.Morgan 49 Dell
16 Gillete 33 HSBC 50 Citi
17 Louis Vuitton 34 Pampers

 

産業別分析

 
dddd

 

新gTLDのレジストリになることのメリット

新gTLDのレジストリになることは、多額の費用が発生するプロジェクトではありますが、それ以上のメリットがあります。

  • 全世界に同時に存在する識別性の非常に高いマーケティングツールとなります。
  • ヘッドオフィスからの一括運用が可能となります。(支配力、コンプライアンスの強化)
  • ダイレクトナビゲーション、トラフィックのマネジメントが可能となります。
  • トップレベルドメインであれば、第三者による侵害は不可能となるため、消費者との優れた信頼関係を構築することができます。
  • 社内ネットワーク、消費者ネットワークを構築することができます。

 

新gTLDが認められるには?

新gTLDに認められるためには、下記4つの審査項目を満たす必要があります。

  1. 「.○○○」の○○○が3文字以上であること。
  2. 申請された文字列が地理的名称であった場合、関連する国や自治体による「支持する」または「反対しない」旨の署名入り文章が必要。
  3. 申請できない文字列(予約語)及び実在するTLDとの類似性の確認。
  4. 他の申請者と同一または類似したgTLDの確認。(類似または同一の申請がある場合、レジストリ業者は審査またはオークションで決定される。)

 

新gTLD申請者ガイドブック

https://newgtlds.icann.org/en/applicants/agb

 
 
 
ww