プライバシー守る救世主救世主?「1.1.1.1」サービス開始

3月16日、Facebookの個人情報不正流用が大きな問題となり、インターネット上のプライバシー問題についてあらためて考えるきっかけとなっています。また、8日には全てのメッセンジャーアプリでやり取りされたメッセージ内容を検閲していることをCEOのマーク・ザッカーバーグ氏が認めたため、同サービスを退会する動きが高まるなど、窮地に立たされているFacebook。

WEB閲覧履歴を守るには

米国では昨年、ISP(インターネット サービス プロバイダ)がWEB閲覧履歴を第3者に販売する際、ユーザーの同意が必要である規制を廃止する法案が可決されました。ということは、ISPはユーザーの同意を得ることなく、WEB閲覧履歴を利用・販売することが可能になるのです。

オンラインセキュリティへの懸念が高まる昨今、そのような状況に対抗するため、APNICとCloudflareは4月1日、無料のパブリックDNSサービス「1.1.1.1」の提供を開始しました。

DNS処理を代行するサービス

ISPがWEB閲覧履歴を収集する簡単な方法がDNSによる収集。DNSはドメイン名とIPアドレスを紐づけるためのもので、通常、ISPがユーザーに代わってDNS処理を行います。これはユーザーが訪れるすべてのウェブサイトに対して繰り返され行われるもの。このプロセスをISPから取り上げ、「1.1.1.1」が代行することにより、ISPによるWEB閲覧履歴の収集を困難にできるのです。

「1.1.1.1」が閲覧履歴を収集・利用するのでは?という懸念については、DNSへのアクセス履歴をディスク上には記録せず、24時間以内にログを消去することで解消。また、それが正しく実践されているか監査会社が年に1回度監査を行い、その結果を公開するとしています。

「1.1.1.1」の利用は無料で利用ができるだけでなく、接続も高速化するとのこと。
FacebookのようなSNSだけではなく、DNSにも情報漏洩リスクが潜んでいることから、新たなDNSサービス「1.1.1.1」がネットのプライバシー守る救世主となることが期待されます。

出典:https://japanese.engadget.com/2018/04/02/cloudflare-dns-1-1-1-1/

弊社では、以下をはじめとする各種対応が可能ですので、弊社HPも併せてごらんくださいませ。