UDRP/URS

 

UDRP(Uniform Domain Name Dispute Resolution Policy)とは

UDRPは「Uniform Domain Name Dispute Resolution Policy」の略で、「ドメインネーム統一紛争解決処理方針」のことです。

不正な目的でドメインネームが登録・使用されている場合、該当ドメインネームを削除または権利移譲するドメインネーム奪還制度です。第三者によって自社の社名や商標・サービス名と同じ文字列のドメインネームが取得された場合、UDRPは該当ドメインの奪還手続きとして安全で有効な手段になります。

 

URS(Uniform Rapid Suspension)とは

URSは「Uniform Rapid Suspension」の略で、侵害サイトを迅速にシャットダウン(凍結)する制度のことです。

今まではドメイン侵害への対策としてICANNのUDRPを利用して問題を解決してきました。しかしたくさんの新gTLDがリリースされることで、第三者によって登録されるリスクも高くなりました。これによってICANNがUDRPを補完する新たな制度として導入したのがURSです。

URSは侵害サイトを迅速にシャットダウン(凍結)する制度で、ドメイン自体の権利を奪還するUDRPと区別されます。UDRPと比較して対応と解決が迅速かつ簡単になり、異議申立費用も大幅に下がります。

 

UDRPとURSの比較

対応ドメイン 所要期間 効力
UDRP 全てのgTLD(新gTLD含む)
一部のccTLD
2~3か月 ドメインネームの権利奪還
URS 新gTLD
一部のccTLD
2~3週 侵害サイトの迅速な
シャットダウン

 

UDRPとURSの申請要件

UDRPとURSに申請するためには、以下3つの要件を全て満たさなければなりません。
 

  1. 登録者のドメインネームが申請人が権利を持っている商標(trademark of service mark)と同一、もしくは混同を引き起こすほど類似すること。
  2. 登録者がそのドメインネーム登録に対する権利または正当な理由を持っていないこと。
  3. 登録者のドメインネームが不正に登録されて使用されていること。

 
 
 
ww